So-net無料ブログ作成

エレメントレッスン3 [教科書 Communication 和訳]

スポンサーリンク





  こんにちは、風間です。

 


  今回は、エレメントレッスン3です。


 頑張ってください。


  Part1


科学技術の未来についての予測はたいていあまり良いものではない。ある予測では、人間はとても賢いコンピューターとたたかっている。別の予測では、人々は洗脳され、そして常に彼らを政府が監視している間一生懸命働いている。そのような種類の未来を私たちは望まない。



しかしながら、アメリカ人の作家で科学者のアイザック・アシモフは、現在からさかのぼること1964年に、今日の私たちの生活についての見事な予測をした。彼の予測は「2014年の万国博覧会を訪れよう」と呼ばれる50年前のニューヨークタイムズ紙に掲載された。 



 



あなたには、彼の予測の多くが実現したことがわかるだろう。例えば自動運転自動車、テレビ電話、原子力の利用、そしてさまざまな作業を家で行うロボットである。 アシモフはまた、2014年に世界の人口が65億になるだろうと、そしてアメリカの人口は3億5千万に達するだろうと考えた。彼はとても近いところまで来ていた。2014年の世界の人口は約72億だったそしてアメリカのそれは3億1900万だった。

 

Part2

彼の予測には、実現していないものもある。例えば海底住宅がいつ実現するかを私たちは知らない。

しかしながら、実現していない彼の予測の多くは、今日ではまだ一般的でないだけで実現の可能性が高いものだ。例えば窓は、光る壁板が普及するにつれて壁の穴と大差ないものになるだろうと彼は考えた。彼はまた、町の商店街の動く歩道のアイディアを思いついた。空港にそれらはすでにある。「大規模な太陽光発電所」という彼の夢は、なかなか成功しなかったが、しかし私たちはついにそれらを世界の多くの場所に現在建設しているところだ。 

 

Part3

アシモフは未来についての予測をした唯一の人ではなかった。アーサー・C・クラークは2014年のほぼすべての予測を的中させたもう一人の作家だった。1つの例が無線通信だ。彼は、「私たちは私たちの好きな場所どこででも、すぐにお互いに連絡を取ることができる」と言った。おそらく今からたった50年で、ロンドンから私たちが行うことができるのと全く同じくらい的確に、小さな島から私たちは仕事ができるようになるかもしれない。クラークはまた、「私たちはある都市で、別の国にいるある人に脳外科手術を行うかもしれない」と彼が言ったとき、冗談を言っているのではないと言った。彼はまたもや正しかった。ロボットを使う遠隔手術はすでに普及しつつある。

次に、世界の一流の科学者たちによってなされた今日の未来のいくつかの予測をみてみよう。コンピューターの能力は18カ月ごとに倍になると言われる。それは、10年くらいでコンピューターの部品は紙の値段と同じくらい安くなるだろうということを意味する。私たちが現在知っているようなコンピューターはなくなるだろう。それらは、ちょうど電気や水道水と同じように、隠されているがどこにでもあるだろう。

 

Part4

また20年か30年で、子供の目の色髪の色などを親は選ぶことができるようになるかもしれない。私たちは、100ドルより少ない費用で私たちの遺伝子の検査を受けられるようになるだろう。医師たちは、あなたたちの遺伝子のどれが悪いか、そして私たちが健康を保つために治療することができるようになるだろう。優れた記憶力と身体能力のあるマウスを作ることができる「スマートマウス」や「ストロングマウス」の遺伝子は、すでに発見されている。人間の体にも、これらの遺伝子があることを私たちは知っている。

これらの予測は実現するだろうか。もし私たちが科学の重要性を理解すれば、それはかなり可能性が高い。また良い方法で科学を利用することを私たちは学ぶべきだ。良い方法とは何か。私たちの想像力を働かせよう。

 

意志ある者は飛べ!




スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。