So-net無料ブログ作成

ユニコーン2 レッスン6 [教科書 Communication 和訳]

スポンサーリンク






ユニコーン6の和訳の練習です。


しっかりと勉強して、だいたいになっていたら平気でしょう。






人間の独自性とは何か――チンパンジー研究から

 

Part 1

 私は日本と外国の両方でチンパンジーを研究してきた.

ここ日本でアイという名のメスのチンパンジーと一緒に研究

するだけでなく,この25年間,毎年アフリカを訪れて野生の

チンパンジーを自然の生息環境の中で研究してきた.

 

 

 また東アフリカに位置するルワンダのヴィルンガ火山で野生

のゴリラを,そして東南アジアのマレーシア領北ボルネオで

は野生のオランウータンを観察してきた.人間は動物とは別の

存在であるという単純な見方に固執している人は今でも多い.

しかしそれは完全な誤りである.人間は動物界の一員である.

人間はほ乳類である.ほ乳類の中で,人間はサル目に属し,

さらにヒト科に属する.ヒト科は4つの属から成り,それが人間,

チンパンジー,ゴリラ,オランウータンなのである.ヒト科は

尻尾のないことを特徴とする.我々人間には尻尾がない.それは

チンパンジー,ゴリラ,オランウータンも同様である.日本語に

は「サル」という1語しかなく,その語によって我々はニホンザ

ルを連想する.しかし英語では”monkey”(尻尾のあるサル目)

”ape”(尻尾のないサル目)との間には明確な違いがある.

つまり人間と3apesは同一の科に属し,どれも”monkey”では

ないのである.

 

 



Part 2

 人間の身体は進化の産物であり,人間の心もまたそうである.

肉体の進化の歴史は化石記録によって跡づけることができる.

ところが心と脳は決して化石にならない.私が人間の心をこの

3apes,特にチンパンジーの心と比較してきたのは,人間の

心の進化の歴史を理解するためである.

 

 

 

 21世紀の初めに科学者たちは人間の全ゲノムの解読に成功

した.そしてその後,チンパンジーのゲノムもまた解読された.

結果は驚くべきものだった.人間とチンパンジーとでは,ゲノ

ムの98.8%がまったく同一だったのである.両者の間にはわず

1.2%の差異しかなかった.好むと好まざるとにかかわらず,

それが事の次第である.

 

 

チンパンジーはそれほど人間に似ている.チンパンジーの寿命

はおよそ50年で,メスのチンパンジーは平均して,5年ごとに

出産する.妊娠期間は人間で約280日,チンパンジーでは235

ほどである.人間の赤ん坊は誕生時にだいたい3kgであるのに対

し,チンパンジーの赤ん坊は2kgを若干下回るくらいだ.脳体積

は人間もチンパンジーも,生まれてから成体へと成長する間に

3倍ほどになる.私たち同様チンパンジーも,成長していく中で

多くのことを学ぶ.

 

 

 

 

Part 3

 チンパンジーの学習過程の一例は西アフリカ,ギニアのボッ

ソウで見ることができる.そこは私が野外研究を行ってきたと

ころである.当地のチンパンジーは一対の石をハンマーと金敷

きとして使って,アブラヤシの堅果(けんか)を割って開ける.強くたた

くことによって,実の殻が割れ,食べられる仁が出てくる.

 

 

 

 

 これはボッソウの共同体でしか見られない文化伝統である.

チンパンジーは前の世代から,何を食べたらいいか,そして

道具をどう使えばいいかを学ぶ必要がある.若いチンパンジー

が石の道具を使う技術を習い覚えるのには4年ほどかかる.

 

 

 

その学習過程の観察は興味深い.チンパンジーの学習の仕方

は「見習う学習」と呼ばれる.子どもたちは自分の母親から

学ぶ―母親を注意深く観察して,母親がやることを是が非で

も真似しようとするのである.その代わりに,母親は子ども

たちに対して極めて寛容で,直接に教えはしないが,罰した

り無視したりすることは決してない.この親密で思いやりの

ある母親と幼児の間の(きずな)が成立していなかったら,若いチン

パンジーは生きていくために必要なことを学びそこなうだろ

う.

 

 

 

 こうした現象はチンパンジーが人間と似たやり方でものごと

を学習していることを示している.彼らは我々の親子関係につ

いて何かを教えてくれているとさえ言えるかもしれない.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Part 4

 しかしながら言うまでもなく,チンパンジーと人間との間

には顕著な差異がたくさんあり,その差異もまた我々を人間

たらしめているものは何かについて重要なことを示唆している.

人間とチンパンジーを区別するものは何か.ここで我々の最

近の研究の一つによってチンパンジーについて発見されたこ

とに触れてみたい.チンパンジー,特に若いチンパンジーは

並はずれた記憶力を持っているのである.彼らはイメージを

一目見ただけで記憶することができる.

 

 

 1から9までの数字がコンピューターのスクリーン上のあちこ

ちにランダムに,たとえば0.1秒といった極めて短い時間だけ

現れると想像してみてほしい.数字は現れた途端に消えてしま

うのである.スクリーン上に数字がぱっと現れるのは分かるだ

ろうが,それぞれの数字がどこに現れていたのか,その正確な

場所を覚えていることは不可能だろう.しかし驚くべきことに,

チンパンジーにはそれができる.これはチンパンジーが知的作

業において人間を凌駕しうるという第一の証拠である.

 

 

 

 

 それとは対照的に,人間の知能はずいぶん違った方向に発達

してきたように思われる.人間は目の前にないものを想像する

ことができる.人間は出来事やもの,色や他の多くの概念を対

応する記号と結びつけることができる.言い換えれば,人間は

ことばを持っている.これが人間の最も顕著な特性の一つであ

る.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Part 5

 この結びつける能力は実に注目すべきことである.たとえば,

「赤」という語が色としての赤とは何の物質的類似性も持って

いないことを考えればいい.それにもかかわらず,我々は「赤」

という語を見ると,即座に赤という色を思い浮かべる.記号と

その意味を結びつけることが人間のことばの基礎である.しか

しそれはチンパンジーにとってはとても難しい作業なのである.

 

 

 

 要するに,チンパンジーは「ここ」と「今」の世界に生きて

いるのだ.彼らは目の前にあるものをとらえる能力に秀でてい

る.しかし目の前にないものを想像することは得意ではない.

彼らは自分たちの未来,明日にさえ無頓着であるように見える.

 

 

 

 

 対照的に,人間は驚くべき想像力を持っている.見えるもの

や聞こえるものを起点にして,我々は実際には眼前にない世界

を簡単に想像することができる.過去に思いを馳せることがで

きる.我々の生まれる何百年,何千年,いや何百万年前のこと

さえ考えることができる.我々はまた,はるか未来を思い描く

こともできる.自分たちが死んでからずっと後に起こりそうな

ことを心に描くこともできるのである.こうした想像力によっ

て今の我々がある.この想像力は時に,未来について我々を不

安な気持ちにさせる.しかし同じ想像力が我々に希望を与えて

もくれるのである.人間性に特有なのはこの希望なのかもしれ

ない.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意志ある者は飛べ!

 

 

 




スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。