So-net無料ブログ作成

単語の覚え方 [勉強の仕方]

スポンサーリンク




 

こんにちは、風間です。

 

高1生は和訳ばかり見ても実力はつきません。

 

単語を反復して覚えることをしなければなりません。

 

単語を覚えましょう。

 

単語を覚えられない人は、英語の偏差値は低くなります。

 

単語を覚えようとしない人は、英文法も覚えようとしません。

 

理解しようとしますが、覚えようとしません。

 

勉強はするのですが、覚えられません。

 

では、どうすれば覚えられるか?

 

覚えるまで、反復することに尽きます。

 

覚えた人は、覚えるまでやめなかった人です。

 

でもこれが、結構たいへん。

 

1年の間に、覚えることを避けてきた人、

 

学校の定期テストのための、短期的な記憶しか訓練してこなかった人

 

そんな人は、来年の今頃、英語が苦手で、どうしようもなくなります。

 

毎日英単語を15分から20分でいいから、音読し続けましょう。

 

範囲は何でもいいです。

 

 1)1~1000を毎日どんどん読み進めて、1000まで行ったら

 

また1からを繰り返せばいい。だんだんペースが上がってくる。

 

 本当にやれば、半年もすれば覚える。

 

 2)毎日1~50を15~20分音読する。5日たったら、

 

次の51~100をまた5日間音読を継続、

 

さらに101~150を5日間音読、

 

このへんで、151~225を5日間音読、

 

だいたい200ごとに、1回通して音読。

 

この場合、1~225を20分音読し、ダメそうな単語に

 

音読をして、メンテナンスしておく。軽くマークしておく。

 

この調子で1000くらいまでやる。1000まで行ったら

 

 

チェックの入った単語に1回メンテナンスしたら、

 

 

1~継続する。半年もすれば覚えている。早い生徒なら、

 

 

3ヶ月~4ヶ月だろう。

 

 

単語覚えてください。

 

音読の仕方は、英語と日本語を連続して音読し、連続2回を基本とする。

英語と日本語の間に、空白の時間を置かないで、連続していう。

nevertheless   「にもかかわらず」の場合、「neverthelessにもかかわらず」

の感じで、連続している1つの語と思って音読する。

 resemble「~に似ている」だら、「resembleに似ている」か「rezemble似ている」

のどちらかで言えばいい。「~」はどうでもいい。

こんな漢字で連続して音読することを継続しよう。また発音記号も少しは読めるようにしよう。

できれば、音源で発音を聞けると更にいい。

では頑張ってほしい。

 

君ならできる。継続して頑張ってほしい。覚えるまで続ける。完璧でなくてもいい。

 

意志あるものは 飛べ、翔べ!!




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。