So-net無料ブログ作成

プロビジョンⅠ レッスン1 [教科書 Communication 和訳]

スポンサーリンク




 


 レッスン内容を簡単に概観してみます。最初に見てもいいし、後のまとめとしてみても構い


ません。しっかり勉強すれば問題ない!


 


 そうそう、最近、武田塾で法政大学に対する炎上発言があったことをご存知ですか。


そうとう法政大学のこと嫌い?7日と思います。第一志望に法政大学が来る人はいるの?


なんて感じですから。法政大学に申し訳なくて。


 武田塾は、自分で勉強できる人であればいいが、勉強ができない人が行くと、結構危ない。


武田塾がサポートしてくれるから問題ないと思っても、もともと自分で勉強する習慣のない


人はしっかりと授業をうけて、参考書をうまく使って勉強するのが適している。


 参考書を読む力がないうえ、孤独に勉強できる根性もない場合が多い。


スマホ使って、すぐ息抜きする人、いませんか。


 やはり、相当できる人は映像系の塾・予備校でもいいけれど、それ以外の一般人は


ライブ授業の塾・予備校で、先生と話しながら、自分の勉強の方向を定めたほうが効率がいい。


受からないと仕方ない。


 さて、プロビジョンⅠの概論開始!!!!



 LESSON1 The Power of Vision and Hard Work



 



Part1



  I have faced many difficulties in my career, <both before and after I became


a researcher.> I’m going to tell you how I got over them.



   多くの困難を経験した-研究者になる前も後も-克服した方法と最初のパラグラフで


その後の展開を示している。



  First, I will tell you about the course of my career to date. My favorite


subjects in high school were math and science. I didn’t (-) just study hard, though.


My greatest love was judo. I practiced for hours each day and even competed


in a high school championship in Osaka Prefecture. I was always injuring(-)


myself in judo practice. I broke a bone (-) more than once and was treated


by an orthopedic surgeon. That experience sparked my interest in sports


medicine, and I decided to become an orthopedic surgeon myself.



ここまでが高校生のこと。高校生のとき勉強をしなかったとか、柔道で怪我をした


とかいう困難な状況が原因となって、将来の進路が決まる。



  



  Part2

 ここから大学生のパートであるが、大学時代の話はカットされて、大学卒業後の内容

になっている。

I graduated from medical school and started training as an orthopedic

surgeon, but my dreams were soon crushed.(-) It once took me two hours

to complete an operation that any other surgeon could do in twenty

minutes.(-) 

My supervisors, the nurses, and even the patient couldn’t believe how slow

I was. “I’ll never be a good surgeon,” I told myself sadly. That was the first

big setback (-) in my life.

夢が打ち砕かれたという困難な状況説明(抽象的)

=人が20分でやる手術を2時間かかるという下手さ

=最初大きな挫折

As I became aware of my own limitations, I also became aware of the 

limitations of modern medicine. As I treated various patients, I came to

realize/ there were diseases that even the best doctors in the world could

not cure. Even so, I wanted to discover a way to cure such diseases. I

therefore made up my mind to become a researcher and find out the

causes of diseases in a laboratory, instead of treating patients in a hospital.

    自分の(整形外科医としての)限界を知る(=手術の下手さ)

と同時に、現代医学の限界を知る(=最高の医者でも治療できない病気がある)

ことが原因となって、研究室で病気の原因を突き止める研究者の道を志すことになった。

ここまでが、研究者になる前の前半戦。  

 

 

Part3

I put all my efforts into my research work. It was interesting, but there

were also many difficulties. When scientists have an idea, they conduct

experiments to find out whether it is right. Almost every experiment I did,

 though, ended in failure. I often spent months doing experiments, but I

still couldn’t get any data to support my hypotheses.

第一文の抽象的な構造に合わせるように、thoughbutの入った文も同様の構造を

していることに注目。ここも第一文の抽象的な構造を、thoughの文で具体的に記述し、

そのthoughの文を、今度はbutの文で具体的に記述してる。全体が抽象から具体の

構造でまとまっている。

この段落はマイナスの段落。だからこのあとにプラスの段落が出てきて、解決しな

くてはいけない。

Though I did almost every experiment, it ended in failure.では接続詞の

thoughだけれども、本文ではthoughを副詞で使って、文をコンパクトに書いている。

 

 

A seeming failure, however, can be the key to a breakthrough. I will

give you an example. Once I got a completely unexpected result to one

of my experiments. At first I was disappointed, but after some time I

became excited. Thanks to some unexpected results, I gradually got

the idea to pursue a new area of research: creating iPS cells. And after

several years of hard work, our research team finally succeeded in 

creating iPS cells.

 

  

 
 

Part4

The following words have always inspired me: vision and hard work. You

need to have a clear vision of your goal and work hard to reach it. You

also need to have resilience. It means the ability to respond flexibly to

changing situations and to recover from difficulties.

Throughout my career I’ve always had a single vision ― to cure patients

― and I do everything to achieve it. When I hit a wallI don’t just give

up; I find a way around it.

When things get hard for you in life or at school, remember the magic

words “vision” and “hard work”. They will help you achieve almost anything.

 

 

最終段落では、1~3段落までの、「マイナスの原因からプラスの結果に向けて努力する」

という構成をうけて、まとめの内容となっている。

 常にresilience(状況に対して柔軟に対応する能力)とvisionhard workが必要で、

こうした性格を備えていれば、成功にたどり着けると結んでいる。

 

 

意志あるものは飛べ、飛べ

       もっと高く翔べ!

 

 

 

 

 

 

 

 




スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。